【意外と・かなり・重い】2.5tフォークリフトは軽自動車の最大9倍の重さ。踏まれたらどうなるのか実験してみた。

フォークリフトは思っている以上に重い乗り物である。

車に足を踏まれたら、と想像すると痛いですよね。

 

車種別の重量は大体下記の通り。

軽自動車・・・   700kg 前後
小型自動車・・・  1,000kg前後
普通自動車  ・・・1,500kg前後
ワンボックスカー・・・2,000kg前後

これで十分重いのですが

さてフォークリフトはどのくらいの重さになるでしょうか??

 

 

仮に、自動車と2.5tの最大積載量を積んだフォークリフトを

天秤にかけると・・・

自動車vs2.5tフォークリフト

フォークリフトが重すぎて、

自動車が飛び上がってしまうくらいの重さなのです。

 

 

2.5tカウンター式バッテリフォークリフトの重量

IMG-086

当社の2.5tバッテリーフォークリフトの本体車重は

4,195kg(標準仕様 51FB25PXII)

 

更に最大許容荷重2.5tの荷物を持つと

6,695kg

にも達します。

自動車vs2.5tフォークリフト_2

軽自動車およそ9-10台分と釣り合うということです。

これに踏まれたと想像すると・・・

 

怖すぎますっ

 

実際に踏んでみました。

踏まれたらどれだけの威力があるのか?

実際試してみました。

 

安全靴に水をいれて踏む実験です。

 

【前進編】

ゆっくり走行しているにもかかわらず、水が勢い良く飛び出しています。

 

【後退編】

物流現場では

死角が生まれやすい後退時に

踏みつけのリスクが高まりそうですね。

 

 

フォークリフトvs安全靴1_青木幸さん提供

踏みつけ後の対象物。

ペットボトルは一気にペラペラに

 

 

フォークリフトvs安全靴2_青木幸さん提供

鉄板が入った頑丈な安全靴がこのようなズタボロ状態に。

 

 

今回の実験から

フォークリフトに踏まれることの怖さを知ってもらえれば幸いです。

今回の記事はいかがでしたか?
  • 役に立った! (31)