【バッテリ車もOK】シートヒーターは寒い屋外作業の強いミカタ!

バッテリー車の防寒対策はあるか?

寒い季節の屋外作業。
暖を取る為に皆様はどのようにされていますか??
厚着をする、カイロを貼るなど様々な工夫をされていらっしゃると思いますが、
限界がありますよね。

 

エンジン車にお乗りの方、
エンジンの排熱を利用したカーヒーターがオススメです。

DSC04981

 

じゃあエンジンのないバッテリー車には何もないのか??

安心してください。ございますよ!

 

シートヒーターはバッテリー車にも装着できる!

その名は”シートヒーター”

DSC04990

標準の座席の上からかぶせる形で装着。

座面にはクッション材付きの表布を採用しているので
長時間の運転疲労軽減効果もあります。

 

DSC04888

シートヒーターの電源は、車両本体から配線を通して供給。
なのでバッテリー車にも装着可能なのです。

 

 

DSC04987

シート全体に発熱体が組み込んであるので暖房面積が大きく、快適な温かさが得られますよ。

ちなみにシート表面温度は40~43℃に維持。
また、過熱を防ぐ安全機構も装備しているので低温やけども防げます。

 

 

 

手元のスイッチでON/OFF可能

DSC04881

また起動については手元のスイッチで切替できますので
それほど寒くない時や夏場でも
装着したままでOKです。
(機種や仕様によりスイッチ場所は変わります)

 

実際体験時の感想

DSC04877

撮影した当日の外気温は10℃を下回る肌寒い環境下だったんですけども

 

シートヒーター2

背中やお尻からじわじわ~と伝わってくる熱のおかげで
体感温度が大きく違いました。

 

今回この車輌を納入したお客様も
”あるとないとでは段違い!特に夜勤は冷え込むので重宝する”

と絶賛のコメント。

 

 

気になる消費電力は?

とはいえエンジン車はともかく
バッテリー車の場合、稼働時間に影響する電力を消費するのは
ちょっと心配な要素。

 

結論から申し上げると
稼働時間にはほとんど影響を及ぼしません。

 

シートヒーターの1時間あたりの消費電力
40wh (0℃着座時)

つまり標準のヘッドライト1個分の電力にすぎないのです。

ハロゲン

また寒さによる作業効率性低下の影響を加味すれば
装着する価値が十分あるオプションだと思います。

 

まとめ

バッテリー車にも装着できる
体感温度で大きく違う
・スイッチで起動を切り替えられる
・消費電力はごくわずか。稼働時間に影響なし
・エンジン車ならカーヒーターとの併用で効果倍増

 

新車だけでなく後付けもできますので、
寒さ対策としていち早く導入したい方は在庫がなくなる前に
全国の住友フォークリフトまでお問い合わせ下さい。

今回の記事はいかがでしたか?
  • 役に立った! (4)