【高所が見える】節電などで暗い倉庫の救世主、キャリッジライト

最近の倉庫は薄暗いんです

2011年の東日本大震災以降、節電意識が高まり
日中倉庫内の電灯少なめにするところが増えています。

 

節電できる一方で、高所のラベルやフォークポケットが見えづらくなるのも事実。
このトレードオフ、悩ましいですよね。

 

キャリッジライトは暗くて見づらい高所も照らせる

キャリッジライト

そこで役立つのが、キャリッジライト。

 

IMG_0285

文字通り、キャリッジ部分に強力なLED前照灯を装着することで

 

住友0322_065

高所の見えにくい場所も明るく照らすことが出来ます。

 

 

WS000006

図解で示すとこのような感じ。
広範囲に照らせるLEDヘッドライトと組み合わせると、より視認性が向上しますよ。

 

 

WS000007

こちらカタログからの抜粋。
ラベルの読み間違いも防ぎます。

 

 

実演動画を作ってみました。


公式動画

 

 

こちら営業所で実演した動画。

真っ暗闇ですと相当明るくなりますね。

 

屋外の夜間作業でも活躍できると思います。

 

 

FB/FBRに取付可能

WS000008

住友のバッテリーフォークリフトなら

リーチだけでなく、カウンターにも装着可能です。

 

ご興味のある方は、是非最寄りの住友の営業所にお問い合わせ下さい。

タイミングが合えばデモ車があるかもしれません。

住友フォークリフト事業所一覧

今回の記事はいかがでしたか?
  • 役に立った! (4)